スタッフの声

staff voice

雄飛堂に入社して5年目です。雄飛堂の前は東京で働いていましたが、結婚を機にいわきに戻ってきました。転職は何回かしてます。若いときは「ずっと同じところ」という考えはあまりなく、いくつかの職場を経験しておきたいという気持ちがありましたので。複数の職場を経験して感じたのは、患者さんにより、薬に対する意識が大きく変わるということ。病院に入院している患者さんに服薬指導した場合、ほとんどの患者さんはちゃんと薬を飲んでくれます。看護師さんもいるので。

雄飛堂共立病院前薬局 薬局長 長井素直それが「調剤薬局」になると、薬に対する意識の低い人もいて、ちゃんと飲まない方も多い。投薬時に話を聞く中で正直に言ってくれたり、処方日数が調整されてたりするのでわかるのですが、薬はしっかり飲んでもらうことが前提なので、その辺はしっかり指導します。なので薬剤師にとってコミュニケーションスキルはすごい大事。そのスキルはいろんな職場を経験したことで培われたと思っています。

雄飛堂共立病院前薬局 薬局長 長井素直薬剤師を目指したのは、薬学部の試験に合格したときなんです。もともと農学部希望だったので。小学生のころからずっと、「いちごをぶどうのように生らせる」という品種改良の研究をしたく。だけど、浪人して入った予備校のクラスが薬学・農学系で薬学を目指している人が多かった。そんな中、ホントに軽い気持ちで薬学部を受けたら合格してしまった。
その合格通知を見て真剣に現実的な将来のことを考えたときに、大学で学んだことがその後の仕事により直結する方がよいかなと考えました。
正直、受かった直後は、薬剤師が具体的にどんな仕事をしているのかはあまりわかっていなかったのですが(笑)。そういった意味では、ずっと薬剤師になろうと考えてた人とスタートの「熱」は違いましたね。。。

転職先を雄飛堂に決めたのは、祐一さん(社長)と左近さん(副社長)の影響が大きかったですね。他社もいくつか話を聞いたのですが、二人がとても熱くて(笑)。雄飛堂は共立病院前薬局のように、既存の調剤薬局とスタイルの違う店舗を出すなど新鮮なことにチャレンジしてて面白そうだったし、最後の職場にするからにはしっかりやりたいという気持ちもあって、経営層との距離も近い雄飛堂にしようと。そして、単に固く服薬指導をするだけではなく、しっかり話をして、しっかり話を聞いて、患者さんにちょっとでも笑顔になって帰ってもらえる存在になれるようチャレンジしようと思い入社を決めました。いまも、患者さんのために何をしたらよいか、何ができるかということを常に考え、業務にあたっています。

いま僕は薬局長ですが、スタッフにみんなにとっての「自分の薬局」にしたいです。みんなで運営していくなかで、責任は僕が取るみたいな感じで。患者さんもそれぞれ異なるので、場面に応じてよりよい方法をみんながとれるようになればいいなと。こうしていいかな?と思った結果「できない」ということがないような薬局にしていきたい。そして、ここは処方日数が長いので、処方せん1枚の調剤にかかる時間が長くなるぶん、投薬の時間がとりにくくなるので、その時間を短くする方法も考えていきます。

another staff

  • recruit_staff_voice_thum02

    みんなにとっての
    「自分の薬局」づくり

    雄飛堂共立病院前薬局
    薬局長 長井素直

  • 秋山倫寬

    地域の人々に貢献できる
    薬剤師を育成

    第1Gマネジャー
    秋山倫寬

  • 薬局長 下澤利樹

    より強固なエリア作りに
    チャレンジ

    第1Gサブマネジャー・足立新田店
    薬局長 下澤利樹

  • 薬剤師 林 広樹

    薬剤師として
    成長できる環境

    十条銀座店
    薬剤師 林 広樹

  • 薬局長 山口裕子

    女性としての
    生きがいも大事に

    光栄薬局
    薬剤師 山口裕子

Entry

募集要項・エントリー
新卒の方
中途採用・パート・アルバイトの方