薬価の制度が変わるかも?

先日、オプジーボという癌の治療薬の薬価(薬の値段)が、来年の2月に緊急的に50%も引き下げられる事が決まりました。

通常、薬価の改定は2年に1回で、次回は平成18年4月でしたが、オプジーボの場合、もともとの薬価が高い上に保険適用が増えたことなどにより、薬を服用する患者さんが大幅に拡大し、販売額は2015年度決算の212億円が2016年度見込みで1260億円と急増する見込みとなり、その結果「高すぎる」という批判から来年2月に特例で値下げされる事が決まったようです。
ちなみに、オプジーボ100mgがワンボトルで薬価が73万円。病状にもよりますが、標準的な使われ方をした場合、体重が60㎏の方に使われる薬剤は1回180㎎。金額にすると約130万円となります。
もちろん1回で治療が終わるはずもなく、2~3週間に1回の点滴が年単位で続きます。

実際に患者さんが支払うのは、高額療養費制度が適用されるので、患者さんは自己負担限度額を超える分を払う必要は無く、収入によっても異なりますが、自己負担額は最高でも月15万円を超えることはまずありません。
患者さんの自己負担分を除いた金額は、健康保険料から出ることになりますので、その金額は大変大きなものになります。

今回は、オプジーボでこのようなイレギュラーな引き下げが決まりましたが、政府はオプジーボだけではなく高額な医薬品については、随時値下げできる恒久的なルールづくりをしていくようです。「市場規模が拡大するような事態にも対応できるような薬価算定ルールの見直しを行う」と表明しており、厚労省は、使える病気が広がって販売額が急増した薬について、その都度値下げする仕組みなどを検討する。と発表しています。

製薬メーカーからすれば、予想外のことでしょうからそのダメージは計り知れません。
また、薬価が変わるとそれに伴う様々なシステムにも変更が伴います。
ただ、現在の保険財政を考えれば、今回のような見直しも仕方がないのかもしれませんね(K)

470814

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

研究会に参加してみました

今日は、30回と回数を重ねている「老年期認知症研究会」に参加しています。
医師向けの研究会ではありますが、認知症の見識を深めることが出来ないかと思い参加しています。
さすがに基礎的な事については、ちょっとハードルが高いですが、やはり勉強になります。
4時間強ミッチリ学習していきます(K)

fullsizerender

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

日本在宅薬学会で発表してきました!

7月17日~18日にかけて、グランキューブ大阪の国際会議場にて「第9回日本在宅薬学会学術大会」が開催されました。

雄飛堂薬局からも、在宅センター十条店の管理薬剤師で、昨年のフィジカルアセスメント研修の講師をした新井薬剤師が講演とポスター発表をいたしました。
さらに、大阪の貝塚店の社員だけでなく、東京からも社員が参加いたしました。

img_0120

講演やポスター発表の内容は、社内で始めたフィジカルアセスメント研修によって、
・薬剤師の在宅に対する心構えや意識がどうなったか?
・実際の運用やその方法について
などなどとても好評だったようです。

今年もフィジカルアセスメント研修は、ステップアップしながら開催中です。
来年も続編が発表できるかな?(K)

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

毎年恒例のお祭り

7月1日は、富士山の山開きの日です。
今年は吉田ルートが開山したようですね。
http://www.fujisan-climb.jp

毎年恒例ですが、富士山の山開きに合わせて、6月30日と7月1日は北区十条近辺にある富士神社でお祭りがあります。近所の方々は「お富士さん」と呼んでいます。
最近では、珍しいくらいの数の出店がでて、大変な賑わいになります。
梅雨の時期という事もあり、大概どちらかは雨が降ることが多いのですが、今年は両日ともに雨が降りませんでしたので、その賑わいもさらにヒートアップしている感じです(^-^;

img_0089

関東地方は水不足も気になりますが、お祭りのときはやはり雨降りでは無いほうが良いですね(K)

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

副作用の情報提供

厚生労働省が公表したところによりますと。一般用医薬品を販売するインターネットサイトの28.6%が、薬の販売時に副作用などの情報提供をしていなかったとする2015年度の調査結果が出たようです。
薬のネット販売が解禁された14年度(46.8%)よりは改善しているようですが、同省は「依然としてルールが徹底されておらず、自治体と連携し改善指導を進める」としているようです。

薬の副作用については、服用する前にお薬手帳やアンケートなどを確認することで、なるべく発生しないようにしていますが、100%防止することはなかなか難しいのが実情だと思います。
副作用が出てしまったときに、それを重症化させないためには、やはり早く副作用であることに気が付き(疑い)、医療機関に相談したり受診することが必要です。

これからは、今まで医療用の薬だったものが、スイッチOTCで処方せんなしで購入できる機会が増えてきます。
販売する側が、正確な情報を分かりやすくお伝えするのは当然ですが、購入される側も情報を得られるように心がけていく必要があると思います。
医薬品の情報は大切な情報なので、今まで以上に上手に利用できるようにしたいですね(K)

5791dda8af49ddcce6c1d85483f8a781_s

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

3 / 15« 先頭...234...10...最後 »