消防庁のお役立ちサイトのご紹介(少しフライング?)

総務省消防庁は、けがや病気の症状で緊急度を判定するサイトを開発したようです。スマートフォンなどでアクセスし、案内に従って病状や痛みの部位、強さなどを選んでいくと、救急車を呼ぶ必要があるかの目安を教えてくれる仕組みになっています。三月末にも運用を始めるとの事で、サイト名は「Q助(きゅうすけ)」というらしいです。消防庁のホームページからたどれるようにするようですが、今のところは、まだサイト内にそのような情報は見受けられませんでした。

子どもの急な高熱などで対応を迷うようなケースで参考にしてもらい、出動件数が増え続ける救急車が重症者を効率よく搬送できるようにするのが狙いのようです。
まず「反応がない」「声が出せない」など命に関わる恐れのある症状から聞き、該当しない場合は、痛みのある部位や強さを問う設問などに進む。その結果、緊急性が高いと判断されれば「今すぐ救急車を呼びましょう」、それ以外は「緊急ではないが医療機関を受診した方がよい」「様子を見て」といったメッセージが表示されるようなイメージです。
170325_ph01

判定後、自身で受診する場合に、病院を探せるよう各地の医療機関を紹介する厚生労働省のサイト情報も掲載する予定のようです。また、スマートフォンとパソコン用のほか、ネット環境がなくても使えるアプリも作るよていです。こうした取り組みは、まだ東京都や札幌市など一部の自治体での実施になっていますが、全国で利用できるように普及を目指すようです。

【参考】
<救急車出動の現状> 総務省消防庁によると、2015年の救急車出動は605万4815件で過去最多だった。搬送者数のうち65歳以上が56.7%を占め、高齢化で今後も出動の増加が見込まれている。タクシー代わりに使うなど不適切な利用もある。緊急性の高い患者の搬送が遅れることが心配され、消防庁は、救急車を呼ぶかどうか迷ったときの救急相談ダイヤル「#7119」の全国への普及にも取り組んでいる。導入しているのは東京都や横浜市など7自治体

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

特別養護老人ホームに空きがある?

全国の特別養護老人ホーム(特養)で、職員確保が難しいなどの体制不備が理由で、ベッドに空きがある施設が13.5%もあることが、厚生労働省の委託を受けた民間シンクタンクの調査で分かりました。
特養への入居を待つ高齢者は、平成25年度には約52万人になると推定されているため、人手不足の解消が急務となることが分かりました。

調査は、昨年11~12月に開設約10年以内の1,151施設を対象にし、550施設から有効回答があったようです。
体制が不備な理由を複数回答で尋ねたところ、「医療的なケアに対応できない」が9.6%、「職員採用が困難」が7.8%、「職員の離職が多い」が5.3%となったようです。
空きの理由で申し込みが少ないと答えた施設も9.8%あったようで。特養の入所条件が平成27年から原則、要介護3以上に厳格化されたことや、サービス付き高齢者向け住宅の増加などが影響している可能性もあるようです。

私どもが訪問しているいくつかの特養に関していえば、どちらの特養も常にほぼ満床状態なので、この調査結果は少しビックリしました。でも、それだけ人材不足が深刻なんですね。薬局の薬剤師も人材不足と言われていますが、どちらも悩ましい問題です。(K)
531127

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/ 

第102回薬剤師国家試験

今日明日は薬剤師の国家試験が開催されています。
2日間にわたり、様々な分野の345問の設問を解くことになります。
ちなみに昨年の合格率は約77%でした。

6年間勉強してきた事を全て出し切って、是非合格をもぎ取ってほしいと思います。
心より応援しております<m(__)m>

672369

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

春一番と共に花粉まで・・・

気象庁から17日午前10時30分、関東地方に春一番が吹いたと発表されました。

ところで春一番の条件ってご存知ですか?
関東地方の春一番の条件は、次の事項を基本として総合的に判断されるそうです。
・立春から春分
・日本海に低気圧(低気圧が発達すればより理想的)
・関東地方に強い南風が吹き、昇温する
具体的には東京において、最大風速が8メートル以上で風向は南より(西南西~東南東)の風が吹きある程度気温が高くなる状態が揃うと「春一番」と言うようです。

ちなみに、昨日の関東地方における午前10時までの最大瞬間風速と最高気温は以下のような状態でした。
東京     18.0メートル(南南西)17度5分
横浜     19.1メートル(南西)16度4分
千葉     21.7メートル(南西)17度1分   など

これと一緒にスギ花粉も大分飛び始めましたので、お仕事やお出かけの際は、しっかりと花粉症対策をして出かけましょう!

325901

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

のど飴とドーピング

先日、「教えて!薬剤師さん」で投稿させていただいた「南天」(なんてん)

81cbb7abf04f38647410830302799f00_s

ですが、それに含まれている「ヒゲナミン」という成分が、今年1月の世界反ドーピング機関(WADA)の禁止薬物リストにに加わりました。

ヒゲナミンには、β2刺激作用があり、喘息などの治療などで気管支拡張剤として使われることがあります。
このβ2刺激作用というのは、気管支拡張作用以外にもいろいろな作用があり、その中に交感神経の興奮や大量摂取による蛋白質同化作用に伴う筋力増強の効果があります。
大量に摂取することで、普段より活力や筋力を発揮できるようになってしまう可能性があるという事で、今回WADAの禁止薬物リストに加わりました。
なので、南天を含んでいる常盤薬品工業さんの「南天のど飴」は、ドーピングの関係するスポーツ選手は使うことが出来ません。
これ以外にも、「浅田飴」には麻黄エキス(エフェドリン)が含まれていますので、こちらもドーピング違反になってしまいます。

のど飴が全部ダメなわけではなく、龍角散の「のどすっきり飴」には、ドーピングに係わる成分が含まれていないようです。
また、ヒグナミンは南天だけでなく、「呉茱萸」(ごしゅゆ)・「附子」(ぶし)・「細辛」(さいしん)・「丁子」(ちょうじ)などの生薬にも含まれていますので、それらを含んでいる漢方薬や栄養補助食品などもドーピング違反になってしまいます。

東京オリンピックを控え、このような話題が注目される機会も多くなっていると思います。
昨今、これらの情報は非常に多岐にわたることが少なくありませんので、即答は難しいケースもあるかと思いますが、気になる方は是非薬剤師にご相談ください。
薬剤師の中には、スポーツファーマシストという資格を持っている薬剤師がおり、これらの情報や知識をもとに正しい薬の使い方などを普及・啓発するような活動をしています。
http://playtruejapan.org/sportspharmacist/about/index.html
こちらで検索していただくのも良いかもしれません(K)

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/

2 / 15123...10...最後 »