2007年ロス研修

45 46

2007年10月メディセオ・パルタックホールディングス主催の「USC米国薬局経営戦略セミナー」に社内より2名で参加させて頂きました。
セミナーは、毎年L.A.で実施され、USC(南カリフォルニア大学)薬学部が協力してくださいます。
研修の内容は、米国での薬剤師の仕事内容、調剤費請求のシステム、米国の保険制度、薬局との差別化、そして薬局経営成功のコツ、症例検討、在宅医療などです。午前中に講義を受け、薬局の見学を午後行います。
講義・見学を通じて日本と米国との違いや共通点などを理解することができました。

また、この研修の参加者は全員各地の病院や薬局に勤務されている薬剤師なので、慣れない米国で初対面ながらもすぐに打ち解けることができました。共通の話題や悩みも多く、薬剤師同士の情報交換にもなりましたし、逆に自分とはまるで違う考え方にも触れられ貴重な体験となりました。
研修を通して様々なことを学びましたが、日米の保険制度の違いがかなりあるとはいえ「これは取り入れられるだろう、ここはもっと改善していけるだろう」というヒントをいろいろと頂けました。
この研修で得た様々な成果を今後日々の業務への取り組みにいかしていけるよう努力していきたいです。