2005年ロス研修

25 26

2005年10月メディセオ・パルタックホールディングス主催の「USC米国薬局経営戦略セミナー」に社内より4名が参加させて頂きました。
今年で11回目になるこのセミナーは、毎年L.A.で実施されます。
全米でもトップクラスの薬学部にランキングされているUSC(南カリフォルニア大学)が研修の際、協力してくださいます。
研修では、米国の調剤薬局での薬剤師の仕事の内容、保険調剤費請求のシステム、米国全体の保険のシステム、経営上の他薬局との差別化、そして成功の秘訣などを、講義・見学を通じて学ぶことができました。
それは短期間ながら、大変充実した内容でした。

また、この研修へは日本全国の様々な地域に勤務する薬剤師が多く参加されていますので、異国の土地でも初対面ながら共通の話題も多く、すぐに打ち解けることができましたし、情報交換の場にもなりました。
研修の最終日には、全員で日本と米国の調剤薬局で働く薬剤師の仕事の相違、共通点なども話し合いました。
大学の先生方も、興味深く私達の話に耳を傾けてくださいました。お互いの国の薬剤師が、お互いの国の薬局の良いシステムを取り入れて、患者さんに対し、より良い薬局作りができるよう、皆の意見は盛り沢山でした。
この研修で得た様々な貴重な意見をぜひ今後の業務へ活かしていきたいと思いました。