アニサキスによる食中毒を予防しましょう

アニサキスという寄生虫による食中毒が増えているようです。
厚生労働省への取材で、魚介類を生のまま食べて寄生虫「アニサキス」による食中毒になったとの被害報告が増えていることが分かりました。
2007年には6件しかなかった食中毒が、2016年は20倍超の124件に増加しているそうです。激しい腹痛などの症状が出るといい、厚労省は、加熱や冷凍を求め、生で食べる前には目視で確認するなどの対策を呼び掛けています。

アニサキスは寄生虫の一種で、幼虫がサバやカツオ、サケ、イカ、サンマなどに寄生し、魚介類が死ぬと内臓から筋肉に移動します。幼虫は長さ2~3センチ、幅0.5~1ミリくらいで、白い糸のように見えるのが特徴です。

問題は予防方法です。
一般的な料理で使う程度の食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しません。
では、どうするかというと、先ずは加熱してください。(60℃では1分、70℃以上で瞬時に死滅します。)もう1つは冷凍してください。 (-20℃で24時間以上冷凍すると感染性が失われます。) との事ですが、せっかくのお刺身を加熱したり冷凍してしまっては、ちょっと味気ないですよね。そこでどうするかというと・・・なんと、目視で確認ができるそうです。
詳しくは厚生労働省のHPを参考にしてください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html
症状としては、食べてから2~8時間後に突然激しい腹痛や悪心、吐き気、嘔吐に襲われるようなので、お刺身はシッカリ見てから食べましょう(K)
524074

フェイスブックページ「教えて!薬剤師さん」
https://www.facebook.com/yakkyoku/